うつのチェックが簡単【適切な治療を受ける】

女性

周りの協力も大事

看護師

自分のことを知る

家族や友人など周りの人間にうつ病の傾向があると感じたら、まずはチェックをしてみましょう。そのチェック方法はたくさんあり、ただ単純に話を聞いて判断する方法やインターネットにある特定のウェブサイト内で質問に回答するチェック方法などがあります。うつ病を発症している人は何に対してもやる気を出すことが困難なため、友人や家族など周りの人間で協力をしてあげると良いです。特に話をきいて判断する方法はとても簡単なので実践をしてみると良いです。ただ注意しておきたいこともあるので覚えておきましょう。判断を急ぐあまり、決めつけから入りうつ病の人から話を聞かないことです。なぜなら、病気のせいで判断力が低下している可能性があるからで、決めつけから入ってしまうと、逆に病気が進行してしまうことが考えられます。なので、病気の人の話を聞く時は、こちらもリラックスをすることが重要です。お互い、フランクな状態で日常会話の話をするように診断ができれば、早期の段階でうつ病であるのかを評価することが可能です。うつ病の疑いがあり、心療内科にかかろうと考えているのであれば事前に準備をしておきたいことがあります。それは自分がどんな種類のうつ病なのかを判断することです。実はうつ病には種類があり、治療方法が異なることをご存でしょうか。治療方法を間違えてしまうと症状を悪化させる原因になりますので、事前に自身の症状をチェックしておくことがとても重要なのです。大うつ病であれば、物事に対する興味が低下すると共に体重の現象や疲れやすいといった症状があらわれます。躁うつ病であれば非常に元気が良い時間と非常に落ち込む時間が交互に訪れる症状があらわれますので、自分がどんな症状なのかを簡易診断などで確認しましょう。インターネット上にある特設サイトでは、この病気の種類を調べるためのチェックが行えます。アンケートの回答をするように表示される質問に回答するだけで、種類の判別が可能となります。あくまでの簡易診断であるため、参考程度に調べておき、それを心療内科の先生に伝えると、治療をスムーズに進められます。