うつのチェックが簡単【適切な治療を受ける】

女性

心療内科を受診する場合

医者

心療内科の選び方

気分が優れない状態が長く続いたり、原因不明の食欲不振が続いたりする場合は、心療内科を受診する事を推奨します。その理由は、もしもうつ病だった場合は、早めに心療内科に行った方が早く治るからです。また、うつ病は自分の力だけで回復する事は困難なために、通院をして投薬治療やカウンセリングを受けた方が良いです。心療内科を受診して、うつ病か否かをチェックする方法は複数あります。まず一つ目としては、血液検査をして現在の体調をチェックする方法です。さらに問診票に睡眠時間や気分の状態を回答する方法があります。そして眠りが浅い状態が長期間継続していたり、理由もないのに悲しい気分になったりする事が多い場合は、うつ病の可能性が高くなります。そして臨床心理士が在職している心療内科では、30分から1時間近くカウンセリングが行われます。カウンセリングによって、患者の悩みを聞き出して、今後の治療方針を決定します。精神科医により投薬治療が適切だと判断された場合は、長期的に通院して病気を治します。うつ病で心療内科を受診する場合は、自宅から近い場所にある病院がお勧めです。なぜなら、うつ病の治療は長期間の投薬が必要になる事が一般的であるために、自宅から遠い病院の場合は、通院が大変になるからです。また患者の話を親身に聞いてくれる精神科医を選びましょう。治療に熱心な医師の方が、うつ病のチェックもしっかりとしています。うつ病のチェックが可能な病院の選び方は、知人の口コミが参考になります。実体験で病気を回復した事がある人の情報は説得力があります。また受付や看護師の対応が親切で迅速な病院は信頼できます。雰囲気が明るい病院は、医師とスタッフの意思疎通がしっかりしている傾向があります。また心療内科の選び方については、ホームページに書いてある治療方針がわかりやすい病院が良いです。精神科医の経歴を読んで、過去に総合病院や大学病院に勤務歴のある医師は、沢山の患者を治療した実績があるために、病気のチェックがしっかりとしている傾向があります。不明点も親切に対応してくれる病院を選びましょう。