うつのチェックが簡単【適切な治療を受ける】

ハート

心療内科で適切な治療を

看護師

まずは自分で簡易的に検査

うつ病は自分自身で気付きにくかったり、放っておくと自殺に至ったりするケースもあるため、心療内科や精神科で専門医の診察を受け、適切な治療を受けることが大切です。しかし、こころの病気で病院にかかることが恥ずかしかったり、なかなか気が進まなかったりする人がいることも現実で、病気を放置している人もたくさんいます。そのような人は、かかりつけの内科で症状を話し、信頼できる心療内科や精神科のある病院を紹介してもらうと安心できます。心療内科等では、初めに電話などで診察の予約を取り、十分なカウンセリングやチェックシートの記入を行うところがほとんどです。うつ病の診察では、「何がストレスになっているか」や「どのタイプのうつ病か」などを、会話や言動から判断するため、診察に十分な時間をかける医師が多くいます。そして、患者が何でも話せる環境や、医師との信頼関係を作り上げることが重要なため、ある程度の時間と診察回数を要する場合がほとんどです。病院にもよりますが、カウンセリングに一時間程度時間を割いたり、週に一回程度の診察を行ったりするところが多くあります。また、チェックシートのほかに、血液検査や脳の検査を行う場合もあり、初回の診察は半日から一日程度かかると考えていた方がよさそうです。うつ病の診察で病院に行き辛い人や、なかなか時間が取れない人は、自分自身で出来るチェックシートを利用することも効果的です。チェックシートは、心療内科やこころの病気を扱う病院のホームページで探すことができ、いくつかの質問に答えるだけでうつ病の疑いがあるかを判断できます。もし、チェックシートで病気の疑いがあると判断された人は、その旨を病院に伝えて診察の予約をするとスムーズに治療に進めます。たくさんのチェックシートが検索できますが、近くの病院で検索できれば、それらを利用すると病院にも行きやすくなるのでおすすめです。一口にうつ病と言っても、いくつかの種類があり、それぞれの種類によって症状や治療方法が異なってくるのが特徴です。そのため、自分自身で簡易的にうつ病と判断できても、心療内科などの専門の病院で詳しく診てもらい、適切な治療を行うことが大切です。うつ病は「単なるこころの病」と簡単に捉えずに、治療薬で症状を抑えることができる、れっきとした病気であることを認識する必要があります。その入り口として、自分で簡単に判断できるチェックシートを利用することは、大変効果的で便利な方法と言えます。

どんな診察になるのか

女性

うつ病のチェックはまず予診から始まります。身体的な検査をしてから問診を行い、そして治療が始まります。心の病は自分の言葉で症状を伝えないとわからないので、事前にメモを用意したり、家族についてきてもらうと良いでしょう。

詳しく見る

心療内科を受診する場合

医者

うつ病はなかなか自分では気づけないものですが、体にサインとして現れることがあります。体調不良が長く続く場合などには、心療内科でうつ病か否かをチェックしてもらいましょう。医学的に検査を行うので、信ぴょう性の高い結果を確認できます。

詳しく見る

料金は様々

カウンセリング

うつに関するチェックは、少しの聞き取りだけで判断する病院よりもこれまでの生活環境や対人関係をしっかり聞いてくれるところで治療を受けましょう。自分が現在どのような状況に置かれているか知る事が出来るので良いです。

詳しく見る

ストレスを溜めない生活

男性

誰もがうつになる可能性を持っていますし、セルフチェックの重要性が高まっています。心のリフレッシュをすることで、多くの方に笑顔が戻っています。おかしいと感じたのであれば、早めに専門機関を受診してみて下さい。

詳しく見る

周りの協力も大事

看護師

うつ病のため心療内科に通うことを考えているなら、まずは周りの人間と協力をして症状をチェックすることが大事です。チェック方法は複数あり、周りの人間に話す方法やインターネット上にある簡易診断で調べる方法などがあります。

詳しく見る